A-gate®

A-gate®(Salesforce)

Salesforceの潜在リスク。
A-gate®(Salesforce)が
抑え込みます。

A-gate®(IaaS/PaaS)はこちら

読めば
ナットク!
第2話
SaaSのリスクと対策!

  • comic page 1/12
  • comic page 2/12
  • comic page 3/12
  • comic page 4/12
  • comic page 5/12
  • comic page 6/12
  • comic page 7/12
  • comic page 8/12
  • comic page 9/12
  • comic page 10/12
  • comic page 11/12
  • comic page 12/12

対策01リスク対策

Salesforceのデータや保存ファイル。
「リスク対策」は十分ですか?

Salesforceは設定ひとつでインターネット上に
情報を公開できます。

設定ひとつでインターネット上に
情報を公開!

Salesforceは社外ユーザやインターネットユーザと
情報を共有できます。

内部犯によるデータ持ち出しは
極めて容易!

Salesforce のリスク対策は安心・安全のA-gate®にお任せください!

A-gate®は、Salesforceで「情報漏洩リスクのある設定」がされると即時に検知・修復し、
Salesforceを常にセキュアな状態に保ちます。

Salesforceをリアルタイムで監視し、検知・修復・メール通知を即時&自動で行います。

対策02アップデート対策

日進月歩で進化するSalesforce。
「アップデート対策」しませんか?

Salesforceの大型アップデートは毎年3回あり、毎回500項目以上の機能追加があります。
ユーザニーズや最新技術が適用されて利便性が向上する反面、意図せぬアクセス経路や情報共有機能が追加され、
セキュリティホールが発生することがあります。

機能追加によりどんどん便利になるが、
新機能のリスクに対応しないと
情報漏洩事故に繋がってしまう。

アップデートは年3回!
毎回500~600項目の
専門的な内容!
事前に理解して対応するのは
至難の業!

Salesforceのアップデート対策は
安心・
安全のA-gate®にお任せください!

A-gate®ではアップデート前に情報漏洩リスクのある機能が追加されていないか総点検し、
もし追加されていれば、ユーザにリスクをアナウンスするとともに、即時検知・修復する機能を追加します。

アップデートによるリスクを解消し、Salesforceのメリットを最大限享受しましょう!

ご相談・お問い合わせ

A-gate®にご興味のある方は
お気軽にお問い合わせください。

a-gate_sales@kits.nttdata.co.jp

お使いのメーラーが立ち上がらない場合は、お手数ではございますが、メールアドレスをコピーいただき、メールいただきますようお願いいたします。

ページトップに戻る